アトピーや敏感肌の人こそ日焼け止めが重要って本当?

肌に悩みを抱えている人は日焼け止めを塗ると刺激になって症状が悪化することが心配でなかなか使えないという人も少なくないようです。

特に日焼け止めの使用を悩むことが多いのがアトピー性皮膚炎と敏感肌の人です。

アトピー性皮膚炎とは
生まれつき肌のバリアが弱い人やアレルギー反応が出やすい体質の人に起こりやすい
病気。湿疹やかゆみなどの炎症を伴い症状は一進一退で慢性タイプの人がほとんど。
敏感肌とは
普通肌の人には何ともない刺激でもピリピリしたりかゆみが出たりする。
ストレスや体調にも左右され、花粉やハウスダストが肌トラブルの原因になることも
ある。

アトピー性皮膚炎も敏感肌も皮膚が外からの刺激に反応しやすいので、日焼け止めの成分によってはかなり大きなダメージになることも考えられます。
肌のためには日焼け止めを使わないことが1番の解決策のように感じますが、
紫外線もアトピー肌・敏感肌の症状を悪化させる原因です。

よってアトピー肌でも敏感肌でも症状を悪化させないために日焼け止めを使ってUV対策を
することはとても重要なことなのです。
重要なのは使う日焼け止めの選び方。アトピー肌や敏感肌を悪化させないためにも、肌に優しい
刺激のない物を選ぶようにしましょう。

刺激に弱いアトピー肌や敏感肌に紫外線吸収剤は大ダメージ!

日焼け止めには2種類のUVカット成分が使われています。

  • 紫外線吸収剤:紫外線を吸収してエネルギーに変える化学反応を起こし放出する
  • 紫外線散乱剤:紫外線を跳ね返すことで肌に浸透させない

UVカット効果が強く汗や水で落ちにくいのが紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤の成分名
オクチルトリアゾン
パラメトキシけい皮酸2エチルヘキシル
メトキシけい皮酸オクチル
パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル
オキシベンゾン
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなど
UVカット効果のメカニズム
皮膚の表面に塗ることで紫外線を吸収して肌に浸透させない
吸収した紫外線を熱やエネルギーに変え放出する

アトピー肌や敏感肌の人は吸収した紫外線を熱やエネルギーに変える時に発生する化学反応で、
ヒリヒリした痛みや肌の炎症が起こりやすくなっています。
また紫外線吸収剤そのものが有機化合物なので、塗っただけで刺激を感じたり炎症が起こる人も
います。普通肌の人は感じない何ともない化学反応や成分でも、肌のバリア機能が弱いアトピー肌や敏感肌では大ダメージになってしまうのです。

アトピー肌や敏感肌にはノンケミカルの日焼け止めを!

ノンケミカルとは紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めのことです。先ほど紹介した紫外線を跳ね返して肌に当てない紫外線散乱剤を使っています。

紫外線散乱剤の成分名

・酸化亜鉛
・酸化チタン

酸化亜鉛 酸化チタン
原料 亜鉛鉱石
可溶性亜鉛溶液
白浮きしにくい
低コストで価格が安い
酸化チタン イルメナイト鉱物 反射力が高い・皮膜力が高い

紫外線吸収剤よりも刺激が少なく、肌へかかる負担も少ないのが紫外線散乱剤です。
でもアトピー肌・敏感肌の人には大きな問題となるデメリットがあります。

紫外線散乱剤は肌へのなじみが悪く伸ばしにくいうえに、肌の水分を吸収してしまうので乾燥が
進んでしまう
のです。
肌の水分が足りずに乾燥した状態では、かゆみが出ることもありアトピー肌・敏感肌の症状悪化につながる可能性もあります。

アトピー肌・敏感肌の症状の度合いによってはトラブルなく安全に使えることもありますが、
ノンケミカルだから絶対に安全とは言えないのです。

ノンケミカル+無添加だとアトピー肌・敏感肌にはさらに安心!

紫外線吸収剤未使用のノンケミカルでさらに無添加処方の日焼け止めだとリスクはもっと
少なくなります。

間違いやすいのは「低刺激」表示です。ノンケミカルで低刺激と書かれた日焼け止めは無添加ではないこともあるので成分の表示は必ず見て下さい。
さらに無添加には法律で決まりがないので、1種類添加物を使わずに製造した物でも無添加表示ができます。以下の添加物がすべて入っていない日焼け止めを探しましょう。

アトピー肌・敏感肌に刺激になる添加物
合成界面活性剤・着色料・保存料・防腐剤・酸化防止剤・鉱物油・エタノール・
アルコール・香料

ピリピリとした刺激を与える成分や、肌の水分を急速に奪う成分など悪影響を及ぼす成分が
多いのでアトピー肌・敏感肌にはリスクが大きいです。
特に香料や着色料は日焼け止めのUVカット効果に直結する成分ではないので、入っていなくても別に問題はないですよね。

そしてもうひとつ注意すべきは「アルコール・エタノール」です。
ジェルやウォータータイプに使われていることが多いようです。
アトピー肌・敏感肌の人には刺激がとても強く、ピリピリとした痛みを感じる可能性が
高くなります。

肌の乾燥や炎症を引き起こすリスクを少しでも減らすためには、100%無添加の日焼け止めを
選ぶようにしましょう。

飲む日焼け止めならアトピー肌・敏感肌には害はない?

飲む日焼け止めはサプリメントです。医薬品ではないので強い副作用が起こるリスクはほぼない
ですが、使われている成分によってはアレルギー反応が出る可能性があるので注意が必要です。

さらにアトピー肌・敏感肌で抗アレルギー剤など服用している薬がある場合、飲み合わせが悪く
薬の効果がなくなってしまったり体調不良を引き起こしたりすることもあるので自己判断での
サプリメントの服用は絶対にやめてください。

現在広く流通している飲む日焼け止めは

  • ニュートロックスサン系
  • フェーンブロック系
  • パインセラ・ブライトニングパイン系
  • レッドオレンジコンプレックス系

の4種類です。成分の違いを見てみましょう。

ニュートロックスサン シトラス果実・ローズマリー
フェーンブロック シダ植物
パインセラ・ブライトニングパイン パイナップル
レッドオレンジコンプレックス レッドオレンジ

4種類とも植物由来の成分が使われています。中でもフェーンブロック系のシダ植物はアレルギー反応が起こりやすい成分なので、注意が必要です。

アトピー肌・敏感肌に対する悪影響ですが、天然由来の成分使用ということもあり今のところ報告はありません。かゆみや赤み・湿疹が出た口コミはないので塗るタイプの日焼け止めよりは、
飲むタイプの日焼け止めの方がリスクは少なくなっています。

防ぎすぎもダメ!アトピー肌・敏感肌には適度な紫外線対策を

完璧な紫外線対策で対策をすると紫外線をまったく浴びないことになります。
そうなるとアトピー肌・敏感肌には逆効果になることもあるのです。

紫外線を浴びると体は免疫力を高めます。アトピーの治療をしている人なら分かると思いますが、代替療法として紫外線を浴びることは効果があると言われていますよね。
そこまで紫外線が強くない日は日焼け止めを使うのではなく、帽子やサングラスで対策をして
出かけることをおすすめします。

太陽の光を適度にあびることで免疫力向上の他にも、ストレスの緩和効果も期待できます。
ストレスがたまってイライラすると体内では活性酸素が増えてしまい、肌のバリア機能に影響が
出ます。
アトピーや乾燥から肌を守るには紫外線は浴びすぎもいけませんが、対策のしすぎもよくないと
いうことです。

できれば保湿効果のある成分が入った日焼け止めを!

アトピー肌・敏感肌でもうまく日焼け止めを使うために欠かせないのが保湿成分です。
セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸など

日焼け止めの成分はアトピー肌・敏感肌の人ではなくても誰にでも肌に負担になるものです。
そこで重要なのは保水と保湿。肌が潤っていることで外から受けた刺激への反応を抑え、水分が
蒸発して乾燥しかゆみなどの炎症が起こるのを防ぎます。

赤ちゃんが生まれたらすぐに全身に保湿剤を使うように勧められるのは、常に潤った状態を続けることでアトピーになるリスクを3割も減らすことができるからです。
どれだけ保湿が重要なのかが分かりますよね。

日焼け止めの成分や紫外線から肌を守るためには、保湿成分が入った日焼け止めを選ぶように
しましょう。
そして日焼け止めを塗る前に必ずワセリンを塗って肌への負担を軽くしておいて下さいね。
上から重ねる日焼け止めは保湿成分入りのパウダータイプがおすすめです。

処方薬がある時の日焼け止めを塗るタイミングは?

アトピー肌・敏感肌で病院へ通っている人は軟膏などの処方薬がある場合がありますよね。
そんな時日焼け止めは何番目に塗ると思いますか?

優先順位は…
①保湿剤
②処方薬
③日焼け止め
④虫よけスプレー

日焼け止めは3番目ですね。でもメイクをする時は日焼け止めのあとに化粧下地を持って
きましょう。先に下地を塗ってから日焼け止めを塗るとメイクのノリが悪くなってしまいます。
ただしパウダーやスプレータイプの日焼け止めの場合は、メイクの上からも吹きかけることが
できるので先にメイクを完成させます。

日焼け止めを塗って化粧をするのはアトピー肌・敏感肌には負担が大きいので、保湿剤は絶対に
使って肌の潤いが不足しないように気を付けて下さい。

使う保湿剤も医薬品ではないときは、ポリマー成分や油分が少ないものを選ぶのがおすすめです。

アトピー肌・敏感肌には低刺激で無添加の日焼け止めを!

アトピー肌・敏感肌にはできるだけ低刺激で100%無添加の日焼け止めをおすすめします。
アレルギーがなければ飲む日焼け止めの併用も可能です。

アトピー肌・敏感肌の症状を悪化させないように使い方にも気を付けて下さいね。

  • 日焼け止めは強い力を加えてこすり塗りをしない
  • 優しくムラにならないように伸ばしていくイメージで塗る
  • 洗い残しは症状の悪化につながるのでしっかり落とす
  • 洗っただけでは心配な時はお湯で濡らしたタオルで拭く

もし市販の日焼け止めじゃ不安…という時は、調剤薬局などで販売されている2e(ドゥーエ)を
使うと安心です。
肌にトラブルを抱えている人のために資生堂が開発した商品で、安全性が最優先・原料に
こだわり・余計な成分は一切使わない処方になっています。

保湿剤や日焼け止めなどシリーズがたくさんあるので一度チェックしてみて下さいね。

アトピー肌・敏感肌の人が実際に使っていて口コミがいい日焼け止めを選ぶのもひとつの方法
です。アットコスメでは写真付きの詳しい口コミが多いので参考になりますよ。
症状を悪化させないためにも肌に優しい日焼け止めで対策をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です