日焼け止めは赤ちゃんの肌には大ダメージ?敏感な肌を守るための選び方

透き通ってみずみずしい赤ちゃんのツルンとした卵肌。
まだまだ大人よりも薄くて弱く、敏感で外からの刺激に対してママとしては心配になって
しまいますよね。

ある程度の月齢を超えるとお出かけデビューをして外の空気や自然との触れ合いを始めると
思いますが、そんな赤ちゃんの肌を脅かしているのが年中降り注ぐ紫外線です。
対策をしていない状態で浴び続けるとまだ幼い赤ちゃんの肌にも紫外線は蓄積されて
いってしまうんです!

でも赤ちゃんに日焼け止めを使ってもいいのか、何か月・何歳から塗り始めるのか、
肌が弱い子にはどうしたらいいのかなど疑問はたくさんありますよね。

そこでママ達が安心して赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めを使えるように、知りたいことを全部調べてみました。

そもそも赤ちゃんに日焼け止めを使っても大丈夫なのか?

赤ちゃんの肌は構造は私たち大人と変わりないですが、とてもデリケートな状態です。

  • 肌の厚みは大人の1/3でとても薄く角層もまだまだ薄い
  • 皮脂腺がまだ発達していないので紫外線などの影響が出やすい
  • 水分も皮脂も量が不足しているためバリア機能が不安定
  • 乾燥しやすく環境の変化に影響されやすい

大人なら何ともないちょっとした外からの刺激でも赤ちゃんの肌にとっては大ダメージということもあるんです。
以上のことをふまえると、赤ちゃんは生後3ヵ月未満では日焼け止めは使わない方がいい
言われています。3ヵ月以上の赤ちゃんでも低刺激で肌に優しい日焼け止めがいいですね。

新生児のうちから外を連れまわす親はほとんどいないと思いますが、兄妹児がいる場合など
どうしても仕方がない時もありますよね。
そんな時は赤ちゃんにおくるみ・帽子・サンシェードなどをかぶせて紫外線から守ってあげるのが肌に負担をかけなくて済むのでおすすめです。これだけでも半分くらい浴びる紫外線を減らす効果があります。

赤ちゃんの肌にかかる紫外線のダメージレベルは火傷をした時と同じくらいのレベルなので、
3ヵ月未満の子でも日焼け止めを塗らないにしてもケアは必須なのです。

赤ちゃんの日焼け止めは紫外線量によって使うかを決める!

外に出るたびに赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗っていると、肌が弱いため刺激になって炎症を
起こす可能性も考えられます。
だからといって日焼け止めを使わないのも紫外線の蓄積のリスクがあるため、いったいどうすればいいのか小児科医の意見をまとめてみました。

  • 日焼け止めよりもおくるみや帽子などの活用がおすすめ
  • 弱い赤ちゃんの肌を守るために日焼け止めを使うのは効果的
  • まだ未発達な肌に日焼け止めを塗るのはリスクがある
  • 日焼け止めのリスクよりも紫外線を浴びるリスクの方が大きい

小児科医の意見も賛否両論ありますね。
よって、赤ちゃんの紫外線対策に日焼け止めを使うなら、季節や時間帯ごとの紫外線量を見て
決めるのがおすすめです。

紫外線が1年の中で最も多い時期と時間
時期:3月~10月
時間:10時~14時頃

紫外線の多い時期の紫外線の多い時間帯に赤ちゃんを連れて外で20分以上過ごす時は日焼け止めを使った方がリスクが少ないです。
反対に紫外線の弱い時期に短い時間の外出をする時などは、日焼け止めよりも帽子などを
活用した方が肌に負担をかけずに済みます。

化粧品会社のホームページでは目安として春先からの使用がおすすめされています。

でもこれは生後3ヵ月以上が経過していて肌に心配がない子の場合なので、生まれて間もない
赤ちゃんや肌が弱い赤ちゃんはおくるみなどを使ってなるべく直接肌に紫外線が当たらないようにしてあげましょう。

赤ちゃんの紫外線リスクについての小児の皮膚科学会の見解

日本小児皮膚科学の公式ホームページでは、赤ちゃんや子供が日焼け止めでの対策をせずに
たくさん紫外線を浴びた時のリスクが掲載されています。

  • 紫外線を浴びすぎた時のリスク
  • シミやしわなどの皮膚の老化を進行させる
  • 大きくなった時の皮膚がんのリスクが高くなってしまう
  • 白内障や網膜メラノーマなどが起こりやすくなる

小児科医の意見は賛否両論でしたが、日本小児皮膚科学会の見解では「赤ちゃんの時から強い
日焼けをしないように対策をすることは成長過程で健康を維持するためには大切」

なっています。

対策としては紫外線の強い時間帯を避けて外遊びをしたり、日陰を選んで遊ばせるなどちょっとの心がけがおすすめされています。
他にもつばが広い帽子をかぶせたり、肌が極力露出しない衣服で紫外線からガードする方法も
あります。UVカット効果のある衣類の活用や黒やグレーなど紫外線を通しにくい色の服の着用も効果的です。

そして気になる日焼け止めの使用についてもしっかり書かれていました。

  • 小さい赤ちゃんでも使用は可能
  • 健康保険適用の処方はないので市販の日焼け止めを使用
  • 子供用・ベビー用と記載のある低刺激の物を使う
  • 日常生活での防御指数はSPF15~20・PA++程度の物が最適
  • 海や川・山遊びの時はSPF20~40・PA++~+++程度の物が最適
  • 石鹸で落とせる日焼け止めを選ぶ

そして赤ちゃん・子供に日焼け止めを塗る時にしっかり効果がでるための塗り方のポイントも説明されています。

 

日焼け止めの上手な塗り方

顔に塗るとき
量はパール粒1個分・液体タイプは1円玉1枚分
・額・鼻・頬・あごに置いて伸ばして塗る
・もう一度同じ量を出して繰り返す
腕や足などに塗るとき
・容器から直接塗る部位に直線上に出す
・くるくると円を描くように肌になじませていく
外遊びで虫よけスプレーも使いたい時、塗り薬の処方がある時の優先順位
塗り薬→日焼け止め→虫よけスプレー

保育園での紫外線対策や日焼け止めの上手な使い方など詳しい情報がたくさん書かれているので、気になることがあれば日本小児皮膚科学会の公式ホームページをチェックしてみて下さいね。

赤ちゃんや子供に使う日焼け止めの選び方

ドラッグストアで赤ちゃんや子供専用の日焼け止めが販売されているのを見ますが、
実は中には専用の商品なのに成分を見ると使うのはおすすめできない商品もあります。

ベビー用・子供用の日焼け止めを見つけたらまずは成分表示を見ます。

 

【日焼け止めの成分から種類をチェック】

紫外線吸収剤使用:紫外線を吸収して化学反応で熱エネルギーに変えて放出する
紫外線散乱剤使用:紫外線を反射させて散乱させることで紫外線を防ぐ

紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めはノンケミカルと呼ばれています。
刺激や負担が少ないので赤ちゃんの肌にもおすすめですが、紫外線吸収剤タイプのメリットは
紫外線散乱剤のデメリットになります。

紫外線吸収剤タイプの日焼け止めのメリット
・伸びがいいので塗りやすい
・塗った後に白浮きしにくい
・SPF値が高い日焼け止めが多い
・安い商品が多いのでコスパが高い
紫外線散乱剤の日焼け止めのデメリット
・紫外線散乱剤の粒子は粒が大きいので白浮きしやすい
・粒子には水分を吸収する性質があるので乾燥しやすい
・吸収剤タイプより落ちやすい

使いやすいのは紫外線吸収剤タイプですが、赤ちゃんや子供の肌で化学反応が起こるのはリスクが高いですよね。
でも最近では紫外線散乱剤のデメリットを克服している商品も多いので大丈夫です。

 

  • 紫外線散乱剤の粒子をナノ化し塗り心地や白浮きを改善
  • 粒子をコーティングすることで肌の水分を奪わないように改善

 

他にも石鹸で落とせるのでクレンジングを使う必要がない、クリーム・ジェル・パウダーなどの
種類が豊富などのメリットもあります。
ただ粒子がナノ化されている日焼け止めの場合、乾燥はしにくくなっていますが肌に浸透しやすいというデメリットもあるので赤ちゃんの肌にはおすすめできません。

赤ちゃんや子供に使う日焼け止めを選ぶときのポイント
・紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプ
・合成香料・着色料・合成界面活性剤・鉱物油・防腐剤・アルコールなどの添加物未使用
・紫外線散乱剤の粒子がナノ化されていないタイプ
・SPFやPA値が大きすぎない

どうしても効果が高く落ちにくい紫外線吸収剤タイプの日焼け止めを使いたい時は、
紫外線吸収剤がカプセル化されているタイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。
直接肌に吸収剤が触れないので負担や刺激がかなり少なくなっています。

アレルギーに対するテストが行われているかもチェック!

私たちが使用している基礎化粧品やコスメでも、大手の商品はしっかりテストを行ったうえで販売が行われています。

赤ちゃんや子供の肌は今までは何ともなかったとしても、日焼け止めの成分の刺激で急に
アレルギー反応が出たりする場合もあります。

そこで重要になってくるのが「アレルギーパッチテスト済み」という表示です。
他にも肌へのテストを行った日焼け止めであればこんな表示があることがあります。

アレルギーテスト:皮膚炎やアレルギーテストを行った
スティンギングテスト:かゆみやピリっとした刺激のテストを行った
パッチテスト:皮膚炎に対するテストを行った

どのテストでも塗った人全員の安全が保障されている訳ではないのですが、テストを行っていない日焼け止めよりも安心できると言えます。

赤ちゃんに使う日焼け止めを購入したら、自分でパッチテストを行う方法もあります。

赤ちゃんの肌へのパッチテストのやり方
・二の腕や太ももなど柔らかい肌のところに日焼け止めを少量塗る
・24時間時間をおきながら肌の様子を観察する
・肌に赤みやただれがあれば使用しない
・変化がない時は次は顔や首など肌が敏感な部位で同じテストを行う
・24時間おきながら観察し問題がなければ使用可能

赤ちゃんや子供がパッチテストのために塗った日焼け止めを触ってしまいそうだったり、
遊んでいるうちに取れてしまいそうな時は塗った上からばんそうこうを貼ってガードして
おきましょう。
時間はかかりますが難しい作業ではないので、安心して使うためにもパッチテストをしてから
赤ちゃんに使うのがおすすめです。

アトピーがある赤ちゃんでも日焼け止めは塗れるの?

赤ちゃんがアトピー肌だと日焼け止めが刺激になって悪化するのではと心配になりますよね。
皮膚科医に聞いたところ、アトピー肌でも塗ることはできるそうです。
ただし以下の条件をクリアしている場合のみです。

アトピー肌への日焼け止め使用の条件
・出血や化膿などの症状が出ていないこと
・強いかゆみが出ていないこと
・皮膚のただれや腫れが起こっていないこと

カサついている程度の症状であれば日焼け止めを塗る前にしっかり保湿をすれば塗っても問題
はありません。
ただ使う日焼け止めはベビー用・子供用ではなくアトピー肌用の物がおすすめです。
ノンケミカル・無添加・低刺激は外せない条件です。

特に無添加にはこだわって注意して選んでください。
低刺激と推されている日焼け止めでも添加物が使われていることがあります。
「紫外線吸収剤・合成界面活性剤・合成着色料・香料・防腐剤・鉱物油・シリコン・アルコール・エタノール・パラベン」
これらの成分表示がまったくない物が理想です。

そしてアトピー肌に大きな負担をかけないためにもSPFは30まで、PAは+++までの値で
選びましょう。
ノンケミカル・無添加・低刺激・オーガニック・パッチテスト済みなどのキーワードから
アトピー肌の赤ちゃんにも使える日焼け止めを探すと安心です。

抱っこひもで赤ちゃんとお出かけする時はママも注意!

外出の時は赤ちゃんだけじゃなくママも日焼け止めを塗って紫外線対策をしますよね。
でも服などを吸ってしまったり、なんでもなめてしまうクセがある赤ちゃんもいると思います。

ママの日焼け止めがついた抱っこひもを赤ちゃんが口に入れて成分を飲みこんでしまったらと
考えると怖いですよね。

そんな時はUVカット衣類や肌を露出しない服で対応するのが1番です。
でもどうしても日焼けはしたくない!というママもいると思います。

その場合は紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が入っていない物を代用しましょう。
ホホバオイル・シアバター・オリーブオイル・レッドラズベリーシードオイル・
ココナッツオイル・キャロットシードオイルなど
精度が高いオイルなら日焼け止め代わりに使用しても油焼けの心配がありません。
天然のシアバターならSPFが8程度あるので赤ちゃんの日焼け止めに使うのもおすすめです。

万が一、一般的な日焼け止めがついた抱っこひもを赤ちゃんがなめてしまっても中毒に陥るほどの危険はありません。中毒情報センターから発表されていました。

なめてしまったことで不安があるようなら中毒110番に電話をしてアドバイスをもらうと安心ですよ。

http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

赤ちゃんが口にいれてしまうリスクがあるなら、その部位だけでもママは日焼け止めではなく
オイルや衣服で代用することをおすすめします。

赤ちゃんに日焼け止めを使う時は状況に合わせて肌に優しいものを!

肌が弱い赤ちゃんやアトピー肌の赤ちゃんにも紫外線対策のために日焼け止めを使うことは
できます。
でも紫外線量によって日焼け止めと帽子や衣服を使い分けることが未発達な肌への負担を減らす
ことにつながるのです。

長い時間外で過ごす時に日焼け止めを塗って外出をしたら、大人と同じで2~3時間おきに
塗り直しをしてあげましょう。

外出前に塗るときは出かける30分前までに塗って、家を出たときにすでに効果が出ている状態にしておきます。

落とす時はいつも通りボディーソープで洗って完了ですが、洗い残しが心配な時は洗った後にお湯で濡らしたタオルで拭きあげるのが効果的です。
日焼け止めを塗っていた肌の保湿は絶対に忘れないようにして下さいね。

弱い赤ちゃん・子供の肌だからこそ日焼け止めや紫外線対策グッズでの予防が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です