日焼け止めの使用期限と保管期限!期限が切れた時の活用法もご紹介

去年の日焼け止めがまだ残っていたし今年はそれから使おうかな~と1年前の日焼け止めを使おうとしていませんか?もったいないのは分かります。
でも日焼け止めには使用期限があるので、期限が過ぎてしまったものを何も考えずに肌に塗って
しまうと思わぬ肌トラブルが起こってしまうこともあるんですよ。

さらに未開封だったからと何年か前に製造された日焼け止めを使う時も要注意です。
開封していなくても保管期限もあるのでしっかり確認する必要があります。

では、そんな期限切れ・保管期限切れの日焼け止めが出た時は捨てればいいのか?と言われると
答えはNoです。

実は肌によくない可能性があり使えなくなった日焼け止めは、他に活用方法があるのでムダには
ならないのです。捨てなくても最後まで使いきることができます。

肌を危険にさらさないためにも使用期限や保管期限を把握しましょう。そして捨てるにはもったいない期限が切れてしまった日焼け止めの活用法も教えちゃいます。

日焼け止めの使用期限と保管期限

日焼け止めは肌に安全に使うために期限が設けられています。

開封済みの場合の使用期限:1年
未開封の場合の保管期限 :3年

まだ未開封の日焼け止めは3年と保管期限は長いですが、直射日光の当たる場所や湿気の多い場所に長い期間置いたままにしていると劣化が早く短期間でダメになってしまうこともあります。

防腐剤や保存料が使われていない無添加の日焼け止めは、使用期限が短いイメージがあります
よね。無添加の場合は未開封で1年、開封済みなら6ヵ月です。
スプレータイプは正しい保管法を前提にすれば、開封していたとしても3年は使えるので1番
長持ちです。
とはいえ、日焼け止めに限らず化粧品も法律で「適した保存状態で3年以内に変質する可能性が
あるものは使用期限を記載しなければいけない」という決まりがあるから使用期限・保管期限が
設けられているまでです。

よって保管状況や使い方がよかった時は1年以上使える場合もあります。
重要なのは使用期限や保管期限内であるかどうかよりも、日焼け止めが劣化しているか・
まだ使えるかを見極めることです。
なかなか自己判断するのが難しい問題ではありますが、ポイントさえおさえていれば自分で
日焼け止めが使えるかどうか判断することができますよ。

劣化や菌の繁殖は大丈夫?日焼け止めが使えるか見極める方法

使用期限の1年を少し超えてしまったけど使えるのかな?と思った時は、以下のチェックを行い
劣化や雑菌の繁殖がないか判断してみましょう。

① 見た目の変化を確かめる

・酸化して元の色と違う色に変わっていないか
・油分と水分の分離が始まっていないか

② ニオイの変化を確かめる

・購入した時とはちがうニオイになっていないか
・異臭を放っていないか

③ 雑菌が繁殖していないか

・見た目では分かりにくいのでパッチテストを行う
・赤みやかゆみなどが出たら使わない方がよい

元は白い日焼け止めクリームが黄色になっていたり、日焼け止めの特有のニオイではなく異臭が
したりした場合は使わないことをおすすめします。

使用期限が過ぎたり使うのを迷う状態の日焼け止めのパッチテスト
太ももや二の腕など柔らかい場所に少しだけ塗る
※首や顔などの皮膚が薄い部位では行わない!
24時間放置して炎症が起こらないかをチェックする

パッチテストをする前に分離や変色があったり、異臭がする時は肌トラブルの原因となることが
あるので絶対に使用しないで下さい。

日焼け止めを長持ちさせる使い方のポイント

使用期限が1年と言われていても使い方次第ではもっと長い期間使い続けられることがあります。
寿命をできるだけ長くしてあげるためにも日焼け止めの長持ちする使い方のポイントを
おさえておきましょう。

日焼け止めを長持ちさせるには
●塗る前に手をしっかり洗って清潔な状態で手に取る
●日焼け止めの口に直接手を触れないで出す
●使い終わった後に口や周辺を拭きあげて清潔に保つ

ポイントはとにかく中で雑菌が繁殖しないように気を付けることです。
一度雑菌が中に入り込んでしまうと瞬く間に繁殖して日焼け止めは雑菌まみれに。

長い期間保管することでさらに雑菌に汚されてしまい、次に使った時に肌に炎症が起きてしまう
リスクが高くなってしまいます。
使っている時から清潔には細心の注意を払って、きれいな状態をキープしましょう。

日焼け止めが余った時の正しい保管方法

もう今年はこのSPF値の日焼け止めは使わないという時や、紫外線の強い時期だけ日焼け止めを
使っている人は次に使う時まで保管する人がほとんどだと思います。
その都度捨てるのはもったいなくてできないですよね。

そんな時、劣化させずに長持ちさせるには
●直射日光に当てない
●高温多湿を避けて保管する
●15~25℃くらいの常温で保管する

直射日光に当たり高い温度で保管したり、湿気が多くジメジメしたところで保管するのは絶対に
避けて下さい。
成分が劣化して分離したり異臭を放つ原因になります。
また雑菌が繁殖してしまったり、カビが生えてしまうこともあるので湿気もよくないです。

冷蔵庫で保管すれば日焼け止めの使用期限が長くなると思っている人もいるようですが、
そもそも日焼け止めは冷蔵庫で保管するように作られていません。
温度が低すぎる場所に長い期間保管していたことによって、成分の分離が早まって同時に劣化も
早まることがあります。

さらに冷蔵庫はたくさんの食材が入っていて、色々な菌が存在している場所です。
日焼け止めを菌の危険にさらさないためにも冷蔵庫での保管は絶対に避けて下さい。

使用期限が切れた1年以上前の日焼け止めの効果は落ちる?

使用期限が切れてしまったら必然的に効果も落ちていると考えますよね。
でも実は1年前の日焼け止めでもUVカット効果に大きな差は出ないそうです。

でも一緒に配合されている美容成分は注意が必要です。
化粧水や乳液・美容液だけじゃなく化粧品などは開封後1年を目安に残っていても新しい物と交換するように言われています。

見た目やニオイでは劣化が分からなくても実は成分が悪くなっていたなんてこともあるためです。

美肌や保湿のために美容成分が配合されている日焼け止めを使っている時は、長持ちしないと
思ってチビチビ使わずたっぷり塗って1年以内に使いきるようにしましょう。

最初から容量が少ないサイズの日焼け止めを選ぶのもムダにしない方法のひとつです。

まだ捨てないで!日焼け止めが使えないと判断した時の活用法

見た目で劣化が分かったり異臭がして使えそうにない時はもったいないですが、捨てるしかない
ですよね。でも保管しておくといざという時に活用する方法があったのです!

① 切れない!ハサミの切れ味を復活させる

刃の部分に日焼け止めを塗ってなじませ2~3分置いてふき取るだけ。
切れにくかったハサミの切れ味が復活します。

② 子供のいたずら!窓や壁に貼られたシールをはがす

窓・壁・タンスなどに子供がシールを貼ってしまいきれいにはがせないで残ったなんた経験
ありませんか?そんな時は日焼け止めをたっぷり塗って30分程度置くだけで、きれいに
はがれます。

③ くすんだシルバーに輝きを取り戻す

使用期限が切れた日焼け止めをコットンやティッシュにつけてシルバーを磨くと、油分のある成分の効果でくすみが取れてピカピカとした輝きを取り戻すことができます。

④ 油性のマッキーも消せる!

油性ペンで字を書いていたら手について取れなくなった!ということ、ありますよね。
そんな時に日焼け止めを塗って優しくなじませ拭き取ると簡単に落ちますよ。

⑤ 布にプリントをする時にも使える

なんと期限切れの日焼け止めでオリジナルのTシャツやバッグだって作れるのです。
好きなデザインをカラーコピーで印刷してその上にたっぷりの日焼け止めをのせてTシャツや
バッグにベタっとはって上からアイロンをかけて紙をはがせば完成です。

⑥ 吸盤の強度を復活させる

使い始めてしばらくたつといつの間にか吸盤がはがれて落ちていたなんてことありますよね。
強度が弱くなってしまった吸盤を日焼け止めを含んだティッシュで拭けば強度が復活して
くっついてくれますよ。

これだけたくさんの活用法があるので捨てる前に有効活用できそうですね。

それでも余って使い道がなく処分したい時の捨て方

日焼け止めは燃えるゴミ・燃えないゴミのどちらに分類されると思いますか?
自治体の決まりにもよりますが、基本的には燃えるゴミとして出しても大丈夫です。

日焼け止めの捨て方
・中身が残っている時は新聞紙などに吸い込ませて空にする
・容器についているわずかな使い残しは拭き取る
・一度洗って容器内の使い残しをきれいにしてから捨てる

洗面所で残った日焼け止めを流しちゃえ~と思うかもしれませんが、排水管に付着したり環境にも
よくないのでやめてくださいね。

詳しく調べてみると日焼け止めの中身を洗わずに燃えるごみとして捨てられる地域もあれば、
分解して可燃と不燃に分ける地域もありました。

スプレータイプは風通しのいい場所で中身を全部出してしまってから、穴をあけて不燃物として
捨てましょう。中身の日焼け止めが出る場合があるので、新聞紙などに向かって吹きかけて
出し切ってしまうことをおすすめします。

今はスマートフォンがあれば日焼け止めと入力するだけで分別法を教えてくれたりするシステムがある地域もあります。他にも住んでいる地域のホームページやごみ処理場の公式サイトで分別法が詳しく書かれているところもあります。

日焼け止めの捨て方は住んでいる地域の決まりに従って対応してください。

開封して1年・未開封で3年たった日焼け止めの使い方のまとめ

日焼け止めの使用期限
ローションで開封1年・未開封3年
スプレーなら開封・未開封に関わらず3年
無添加なら開封6ヵ月・未開封1年

クリーム・ジェル・ローションの場合は開封して1年の使用期限を迎えたら必ずしも捨てなければいけないわけではありません。
中身をチェックして劣化がなければまだ使用を続けることも可能です。

  1. 酸っぱいようなニオイや異臭がしないか
  2. 色が白ではなく黄色など購入時と変わっていないか
  3. 水分と油分が分離していないか

もし3つに該当しなくても雑菌が繁殖している可能性も考えられるのでパッチテストをして変化がなければ使用しても問題はないでしょう。

例え使用期限を過ぎていてもUVカット効果が落ちていることはないので安心して下さい。
ただ、美容成分が配合されている場合は劣化しやすいため新しい日焼け止めを使うことをおすすめします。

捨てるのはもったいないと感じたら使用期限が切れてしまった日焼け止めの活用法で有効に使ってみて下さいね。靴を磨くのに使う方法もあるようです。

日焼け止めは最初から使いきれる量の日焼け止めを買うのが理想ですが、万が一余った時のことを考えて使う時は口に直接触れずに使用し雑菌が入るのを避けるのが1番長持ちする方法です。
高温多湿を避けて正しく保管して日焼け止めの寿命を延ばしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です