日本や世界の紫外線量は?アプリで紫外線管理で最適の日焼け対策

今日は曇ってるしまあいいか、今は冬だし必要ないなんて思って日焼け止めを塗らずに外出して
いませんか?

紫外線はみなさんの認識通りお昼の12時前後が1日で最も多く、夏の時期がピークです。
じゃあその時期や時間帯だけ気を付けていればいいのかというとそうではないんですよ。

紫外線が降り注いでいない時期なんて1日もないので、季節や肌の状況にあった紫外線対策に
日焼け止めをうまく使わないといつの間にか肌が焼けてしまっているかも。
シミやくすみが出てきてしまってから大慌てでケアをしてもとても大変です。

知らなかった…と後悔する前に紫外線量の移り変わりや、時間ごとの量を知って若々しい肌を
キープしましょう。現代では紫外線量をアプリで管理してその日の日焼け対策を考えることが
できるようになっているんですよ。

紫外線の種類と肌に与える悪影響

紫外線量について知る前にまずは簡単に種類や悪影響を知っておきましょう。
日焼け止めを買う時にSPFとPAの数値を見ていますよね。
それぞれ異なる紫外線を防ぐ効果のレベルを表しています。

SPF(サンプロテクションファクター):UV-B防止効果
PA(プロテクショングレイドオブUVA):UV-A防止効果

紫外線にはあと1つUV-Cがありますが地球には届かないと言われていました。
しかし近年オゾン層の破壊が進行していることもあり、一部の地域ではUV-Cを浴びたことによる皮膚へのダメージが確認されています。

では紫外線がもたらす悪影響についてです。

UV-B(別名:レジャー紫外線)

日焼け度をしたら肌がヒリヒリしたり、赤くなったりすることがありますよね。
それがUV-Bを浴びたことで肌が炎症を起こしてしまった状態です。
メラニンを過剰に作ってしまうので色素沈着が起こりシミやそばかす・くすみの原因になってしまいます。

UV-A

雲も窓もすり抜ける紫外線なので曇りの日も車や室内でも浴びることがあります。
皮膚の深い部分まで届いてDNAにダメージを与えたり、コラーゲンを破壊します。
潤いをキープしたり、ハリを持たせる組織を傷つけられるのでしわやたるみの原因になってしまいます。

UV-C(別名:殺人光線)

最も強く害が大きい紫外線で短い時間浴びただけでも皮膚には大ダメージとなり、ウイルスや菌
までも殺す破壊力を持っています。人間が直接目でUV-Cを見続けると1時間前後で失明する
レベルの強さです。皮膚がんの原因になりやすい紫外線です。

日本ではUV-Cによる被害はまだ確認されていないようですが、日本上空のオゾン層が年々減っていることが確認されているのは事実です。
今後、私たちに届くことがあるかもしれないと考える怖い紫外線ですね。

地域ごとの年間の紫外線量の移り変わり

まずは北は北海道から南は那覇までの3か所の紫外線量の移り変わりを見てみましょう。

出典:https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

那覇では6月から7月にかけてがググっと紫外線量が多くなっています。
つくば・札幌では6月~7月にかけて紫外線量が増加するまでは那覇と同じです。
でもその後つくばでは8月も紫外線量が変わらず、札幌は8月になると少し減少していますね。
紫外線量は地域によって差が出るということです。南に向かうにつれて量も増加していきます。

だからといって毎年同じくらいの量の紫外線が降り注いでいる訳ではありません。
1997年から2013年までの毎年のUV-Bの年平均を見ると、急激に増減している年もある
ことが分かります。

出典:https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

オゾン層の破壊で地球に届く紫外線は年々増えていると思っている人もいるようですが、増減している年があるようにそれだけが原因ではないんですね。
気象庁では天気やエアロゾル(霧・スモッグ・靄など)の影響も関連していると考えられています。

日本では長野県の松本市が紫外線が最も強い地域です。その理由は2つあります。

  1. 日照率がとても高い
  2.  標高が高い

山地で標高が高く日照時間が長いため日照率も高い松本市は他の地域よりも紫外線量が多い・強い状態になっているのです。

夏と冬の地域ごとの時間帯での紫外線量の移り変わり

紫外線は太陽が1日の中で1番高い位置にある時に最も多く私たちのところに降り注ぎます。

出典:https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

夏と冬では紫外線量に差はありますが、冬でもゼロではないことが分かります。

太陽が昇り始めてどんどん時間がたつごとに紫外線量は増えていき、10時から14時頃までは
紫外線量が多い時間帯です。
この4時間のうちに1日に降り注ぐ紫外線のうちの半分が地上に降り注いでいると言われるほど
です。

だからと言って他の時間帯も油断はできません。朝の6時頃に出勤するからと安心していた人も
紫外線は降り注いでいるので、対策は必要だったのです。
また車だから紫外線は大丈夫と思っていてもいけません。
UV-Aはガラスも通り抜けて肌に届くうえ、曇りの日でも雲を通りこして地球へ届きます。

1日のうちでも10時~14時は特に紫外線対策は必須で、その他の時間帯でも日焼け止めの使用をおすすめします。

そして冬は雪国の人やウィンタースポーツを楽しむ人は注意すべきことがあります。
紫外線の「反射率」です。

紫外線の反射率
アスファルト→10%~20%
芝生の上  →1%~2%
雪の上   →80%~90%

雪の紫外線の反射率は他の場所と比べて極端に高いです。
雪の日でも紫外線は上空から降り注いでいますが、積もった雪に反射して下からも浴びていることになるのです。
冬でも雪の積もったところでは日焼け止めをしっかり塗って、マフラー・手袋・帽子などを活用
して紫外線から肌を守りましょう。

2018年夏から秋の紫外線量はどうだった?

猛暑だった夏や暑さが続いた秋の紫外線は株式会社レッドマルスADベンチャー運営の日盾UVケアラボによると「ヒョウモンダコ型」だそうです。

ヒョウモンダコは10cmくらいしかない小さなタコで、円や縞・鮮やかな黄色などに体を変化
させフグと同じテトロドトキシンを持っています。
夏のうちは猛暑や熱中症問題の影に隠れて目立つことなくじわじわと攻撃を続けていた紫外線
でしたが、秋になっても強い力を持ち攻撃を続けていたためヒョウモンダコの特性と似ていると
いうことで名づけられました。

前年と比較しても紫外線量の多い11時~15時の間の照射量は1ランク上がっており、早い人で約5分・遅い人で約8~14分で日焼けをするレベルでした。
2018年の夏~秋は猛暑+強力な紫外線+多い紫外線量となっていました。

世界の紫外線量はどうなっているの?

まず全世界で紫外線量が多い国をチェックしてみましょう。

オーストラリア・シンガポール・インドネシア・東ティモール・ケニア・コンゴ共和国・
ウガンダ・ソマリア・ガボンなど

よく見ると赤道に近い国ばかりですよね。

中でもオーストラリアは皮膚がんの発症率が世界第1位で、なんと70歳になるまでに3人のうち2人が発症すると言われているんですよ。
それもそのはずオーストラリアは年間を通して紫外線が非常に強い時期が半年を超えています。
上空のオゾン層が薄い地域であることも強い紫外線が年間を通して降り注いでしまう原因のひとつです。

そこで国をあげて「スリップ・スロップ・スラップ・ラップ」という紫外線対策を行っています。

スリップ:長袖の服を着よう
スロップ:日焼け止めを塗る
スラップ:日差しをさえぎるために帽子をかぶろう
ラップ :サングラスをかけよう

インドネシアも紫外線が強く日本と比べると3倍以上はあると言われています。
シンガポールは世界で紫外線量が第2位の国です。2018年は2月でも1時間の紫外線指数が
なんと平均15と極端に強い状況になったこともあるくらいです。

世界的に見ると日本の紫外線量は強い方ではありませんが、日焼け止めは必要です。
1年で紫外線がない日はないので、毎日の対策の積み重ねが美しい肌を守ります。

どうやって紫外線に気を付ける?スマホアプリで日焼けを予防

忙しい朝に天気予報をゆっくり見て紫外線量をチェックする暇なんかない!という時に便利なのがスマホのアプリです。
紫外線量を好きな時に見ることができるので、日焼け止めのSPFレベルや日焼け対策グッズの使用などをすぐに判断することができます。

tenki.jp
開発:日本気象協会公式アプリ
評価:★★★★☆
料金:無料

FINE!かわいいアートな天気予報
開発:SUNDS DIG INC
評価:★★★★☆
料金:無料

UV-紫外線
開発:Elton Nallbati
評価:なし
料金:120円で購入

他にもアプリではなくスマホのイヤフォンジャックに差し込むだけでいつでも紫外線レベルが
分かる紫外線測定器も販売されています。

ニュースを見ていないからとわざわざネットで天気を見なくても、アプリや紫外線測定器ですぐに自分でリアルタイムの紫外線量を調べることができるようになっています。

紫外線の基礎知識を覚えて日焼け止めを使い分けよう!

日焼け止めはいつでもフルパワーの物を使わなくても、紫外線量によって使い分ければ肌への負担を軽くすることができます。
そのためには紫外線の基礎知識を頭に入れておいた方がいいですね。一目で分かるように一覧に
してみました。

紫外線の種類 UV-A:しわやたるみの原因になる
UV-B:シミやそばかすの原因になる
UV-C:最も害のある紫外線
注意すべき月 4月~10月
要注意な月 6月~8月
注意すべき時間 夏:7時~19時頃
冬:9時~16時頃
要注意な時間 11時~14時頃

季節・天候・時間によって肌に届く紫外線量には差があるので、毎日の紫外線量を把握しそれに
見合った日焼け対策をすることが美肌キープへの近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です