日焼け止めで焼かない肌を!日焼け止めの重要性と種類 美容液入りのUVジェルが人気

夏でも焼かない肌を選択する方が増えています。美しい肌を維持するには、日焼け止めは欠かせません。

ここでは、日焼けをすることで肌にどんなダメージがあるのか、また日焼け止めにはどんな種類があるのかについて、日焼け止め紹介サイトのNoSunがご紹介いたします。日焼け止めの必要性を知りたい方、また、美容液入りのUVジェルをお求めの方はぜひご覧ください。

日焼け止めの重要性

鏡を見る女性

日焼け止めは肌を焼かないために必須ですが、もしも日焼け止めを使わないと、どんな危険があるのでしょうか?

肌が火傷してしまう

日焼けは一種の火傷であり、赤くなってヒリヒリするのは炎症を起こしている証拠です。なかには、美白に興味がない、または子供だから気にしないという方もいますが、日焼け=火傷から肌を守るためにも、日焼け止めは必要です。

紫外線によるダメージをうける

紫外線によるダメージは、すぐには分からなくても徐々に蓄積されるものです。そのため、日焼け止めをせずに過ごしていた頃から数ヶ月後、数年後にシミが出てくることも珍しくありません。

紫外線によるダメージは日焼けだけでなく、シミ・シワ・くすみなど、肌年齢をアップさせることに繋がります。また、紫外線はコラーゲンやエラスチンなどの繊維質を傷つけるため、肌の弾力性が低下してシワやたるみの原因にもなります。

年齢を重ねてから焦ってエイジングケアに力を入れるよりも、若いうちから紫外線をカットし、UVジェルなどでこまめに対策することが美肌をキープする近道です。人の肌は20歳を過ぎると代謝が落ち、紫外線により肌劣化が始まります。焼かない派以外の方も、日焼け止めで紫外線対策をして未来の肌を守りましょう。

日焼け止めの種類~クリームタイプ・ジェルタイプ・美容液入りなど様々!~

サングラスと日焼け止め

日焼け止めには色々な種類があり、シーンによって使い分けをすることができます。

こちらでは、日焼け止めの種類と特徴についてご紹介いたしますので、自身の体質や用途に合わせてピッタリのものをお選びください。

クリームタイプ

保湿力が高いため、乾燥肌の方におすすめです。防水性に富んでおり効果が持続しやすいですが、落としにくいという難点もあります。また、化粧下地としても利用できますが、落とし残しには注意しましょう。

乳液(ミルク)タイプ

刺激が少ないため、敏感肌の方も安心です。伸びがよいので、からだ用としても利用しやすいです。

ローションタイプ

肌に優しく、子供用の日焼け止めにも多いタイプです。ただし、効果は薄いため、日常生活での紫外線対策として利用するのに適しています。

ジェルタイプ

サラリとしていてべたつかず、伸びもよいため、近年人気のタイプです。効果が持続するものも多く、焼かない派におすすめです。

スプレータイプ

手軽に紫外線対策ができ、手が届きにくいところも容易にカバーができると人気があります。髪や頭皮の日焼けが気になる方におすすめです。ただし、塗りムラになりやすいので、顔用・からだ用としてはおすすめできません。

パウダータイプ

メイクの上から重ねることができるので、皮脂対策としても人気があります。ただし、他のタイプより効果が薄く落ちてしまいやすいので、補助的役割としての利用をおすすめします。

絶対焼かない日焼け止めをお求めなら、日焼け止め紹介サイトのNoSunをお役立てください。NoSunは様々な日焼け止めをご紹介しており、自分に合った日焼け止めがきっと見つかります。

焼かない派には美容液入りのUVジェルがおすすめ!人気のLULUA(ルルア)

日焼けは肌を炎症させるだけでなく、シミやシワ、たるみなど、肌年齢をアップさせる原因となります。いつまでも美しい肌を保つためにも、日常的に日焼け止めを利用するようにしましょう。肌を焼かないために、扱いやすい美容液入りのUVジェルを利用する方が増えています。

日焼け止め紹介サイトのNoSunでは、人気のUVジェルLULUA(ルルア)を紹介しています。美容液入りで持続力の高い日焼け止めをお求めの方は、ぜひNoSunをチェックしてください。

日焼け止めで焼かない肌の美容液入りのUVジェルをお求めなら

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/