顔・敏感肌用の日焼け止めを選ぶならNoSun!下地との違いと効果を持続させる塗り方

紫外線をカットするためには、習慣的に日焼け止めを塗ることが大切です。毎日、基礎化粧品をつけたあと、化粧下地の代わりとして日焼け止めを利用するという方も少なくありません。

日焼け止めは化粧下地と同じ役割を果たすことができるのでしょうか?こちらでは、日焼け止め徹底比較サイトのNoSunが、日焼け止めと化粧下地の違いについてご紹介いたします。敏感肌の方や顔用の日焼け止めをお求めの方は、ぜひご参考ください。

顔用日焼け止めと化粧下地の違い

AとBの文字と女性

基礎化粧品の後は日焼け止めを塗り、その後ベースメイクをするのが基本ですが、下地クリームは塗らずに日焼け止めだけということもあるでしょう。

また、化粧下地にはUVカット成分が配合されているものも多く、季節によってはあえて日焼け止めを塗る必要は感じられないかもしれません。

こちらでは、顔用日焼け止めと下地クリームの違いについてご紹介いたします。

顔用日焼け止め

日焼け止めとは、紫外線から肌を守るためのものです。

  • 日射しによる皮膚の炎症を防ぐ
  • 紫外線によるシミやそばかすを防ぐ

という大きな役割があります。また、顔用の日焼け止めはスキンケア効果の高いものが多いです。

化粧下地

化粧水や乳液などの基礎化粧品をつけた後、ファンデーションなどのベースメイクの前に塗ります。

  • 肌の表面を滑らかにする
  • 肌の色ムラを整える
  • ファンデーションなどの密着力を高める

などの働きがあり、乾燥などからお肌を守り、化粧崩れを防ぎます。また、日焼け止めを加えた日焼け止め入り化粧下地も販売されています。

敏感肌の場合や紫外線量が少ない季節は、日焼け止め入り化粧下地が活躍します。また、紫外線が厳しい季節や長時間日射しにさらされる時、激しいスポーツをする時などは、日焼け止めを2~3時間ごとに塗り替えるようにしましょう。

顔用・敏感肌用の日焼け止めをお求めなら、日焼け止め徹底比較サイトのNoSunをご参考ください。日焼け止めに関する基礎知識もご紹介しています。

日焼け止めの正しい塗り方

防止とサングラスと日焼け止め

日焼け止めを塗っていたのに焼けてしまった!ということはありませんか?日焼け止めは、とりあえず塗っているだけでは、効果を最大に発揮することはできません。日焼けを防ぐためにも、正しい塗り方を覚えておきましょう。

たっぷりと塗ること

日焼け止めの量は少なすぎませんか?手早く塗りたい、もったいないなど、量を減らしてしまっては、充分な効果が得られません。また、ムラやけの原因にもなります。

2~3時間おきに塗り替える

日焼け止めは、朝のメイク時に塗ったままということはありませんか?時間がたつと有効成分が分解され、効果が下がってしまいます。特に紫外線量の多い季節や外出時間が長い時は、こまめに塗り替えるようにしましょう。

外出の少し前に塗る

少しでも効果を長持ちさせようと、外出直前に塗るという方は多いです。しかし、日焼け止めが効果を発揮するのは、30分程度過ぎてからといわれています。外出前に慌てて塗るのではなく、余裕をもって丁寧に塗り上げるようにしましょう。

日焼け止めをこまめに塗り替えるのは、面倒に感じられるかもしれません。しかし、肌の炎症やシミ・シワを予防するためには、とても大切なことです。いくら強力な日焼け止めでも、手で触ったり、汗で流れたりしてしまうものです。絶対に焼きたくないとお考えなら、上記のポイントをぜひ参考にしてください。

敏感肌にも安心の持続性の高い日焼け止めを選ぶならNoSun!

お肌を強い日射しから守るためには、日焼け止めは欠かせません。ただし適当に塗るのではなく、正しく塗ることがお肌を守るためには重要です。

肌を紫外線から守りたいけれど、敏感肌なので強い日焼け止めは心配…という方は、日焼け止め徹底比較サイトのNoSunをぜひご覧ください。NoSunでは、敏感肌の方にも安心してご利用いただけるLULUA(ルルア)の日焼け止めをご紹介しております。

顔や敏感肌にも安心の持続性の高い日焼け止めを選ぶなら

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/