焼かない!日焼け止めの効果的な使い方と間違った使い方!下地として使うなら持続性が重要?

肌を焼かないために日焼け止めを塗っていても、いつの間にか焼けていたなんてことはありませんか?日焼け止めは、正しく利用すれば紫外線をカットできますが、間違った使い方をしていると、効果が持続せずお肌は焼けてしまいます。

こちらでは、日焼け止め比較サイトのNoSunが、日焼け止めの間違った使い方と種類別の効果的な使い方をご紹介いたします。化粧下地としても使える日焼け止めをお探しの方も、ぜひNoSunをお役立てください。

効果が持続しない!?日焼け止めの間違った使い方

バツの札をあげる女性

日焼け止めを塗っていても、焼けてしまうのは珍しいことではありません。なぜなら多くの人が日焼け止めの使い方が間違っているためです。

こちらでは、よくある間違った使い方をご紹介しますので、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

乾いた肌にいきなり塗り付けている

日焼け止めがしっとりしているからと、乾いた肌にいきなり塗り付けてはいけません。まずは、基礎化粧品等でしっかりと保湿ケアをしてから、日焼け止めを塗りましょう。

少ししか塗らない

メイク崩れや節約のために、日焼け止めを少量ずつ使っていませんか?日焼け止めが少なすぎると、全体に行きわたらず効果にもムラが出てしまいます。また、少量を無理に伸ばそうとすると皮膚を擦ることにもなるので、肌荒れの原因となります。

外出の直前に塗っている

日焼け止めの効果が出るのは、塗ってから30分後からといわれています。外に出る直前に塗っていては、効果が出る前に紫外線にさらされることになるので要注意です。

塗り直しをしない

日焼け止めは、2~3時間おきに塗り直す必要があります。いくら丁寧に塗っていても、長時間そのままでは効果は持続しません。

何年も前のものを使っている

もったいないからと何年も前のものを使っていませんか?劣化した日焼け止めを使うと、効果が落ちるだけでなく、肌荒れやシミの原因となります。

肌を焼かないためには、上記の間違いポイントを参考に、日焼け止めは正しく利用するようにしましょう。

日焼け止め比較サイトのNoSunは、肌を焼かない派の方のために日焼け止めに関する基礎知識をご紹介しています。ぜひご参考ください。

日焼け止めの種類別!効果的な使い方

腕に日焼け止めを塗る女性

日焼け止めには様々なタイプがあります。らでは、日焼け止めの種類別に効果的な使い方をご紹介いたしますので、焼かない派の方はぜひ参考にしてください。

ミルクタイプ

日焼け止め効果が高く、塗りやすいのが特徴です。肌への密着力が高く保湿効果が高いため、メイク前の下地作りにも最適です。

クリームタイプ

保湿効果は高いものの、伸びにくいのが難点です。肌になじみやすく、メイク前の下地作りにも最適です。

ジェルタイプ

伸びが良く軽い着け心地のため、顔用・からだ用とも人気があります。白浮きせず、落としやすいため、敏感肌にも最適です。

スプレータイプ

他のタイプよりも効果は劣りますが、手を汚さずに広い範囲につけることができます。髪や頭皮の日焼けが気になる方に最適です。

シート

簡単にどこででも塗ることはできますが、SPFやPA値が低いものが多いです。手軽に利用できるので、忙しい時のからだ用として人気があります。

どのタイプを選んでも、肌を焼かないためには日焼け止めを均一にムラなく伸ばすこと・こまめに塗り直しをすることが大切です。シーンに合わせて、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

焼かない派におすすめの日焼け止めはNoSunでチェック!化粧下地にもなる持続性の高いものもご紹介

日焼け止めは紫外線をカットしてくれる強い味方ですが、使い方を間違えると紫外線をカットするどころか、肌に悪影響を与えることがあります。日焼け止めは正しく利用してこそ効果があります。肌の健康を守るためにも、正しい使い方を心掛けましょう。

日焼け止め比較サイトNoSunでは、肌を焼かない派におすすめの美容液入り日焼け止めをご紹介しております。なかでも、化粧下地にもなるLULUA(ルルア)は、持続性があり紫外線カットから美肌ケアまでできるとたいへん好評です。

日焼け止め選びに迷ったら、ぜひ日焼け止め比較サイトNoSunをご利用ください。

焼かない派におすすめの日焼け止めはに関しましては

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/