日焼け止めの期限と長持ちさせるための保管方法!効果がある日焼け止めとは

日焼け止めを効果的に利用するには、期限を守る必要があります。肌に直接塗るものなので、期限を守るだけでなく、日焼け止めの保管方法にも気をつけましょう。

こちらでは、様々な日焼け止めをご紹介しているNoSunが、日焼け止めに期限がある理由と長持ちさせる保管方法について解説いたします。日焼け止めを正しく塗り、シミやシワのない白い肌をキープさせたいとお考えの方は、ぜひご参考ください。

日焼け止めに期限がある理由

日焼け止め

日焼け止めには目安となる使用期限があり、未開封のもので3年、開封済みのものなら1年ほどとされています。使用期限を過ぎてもUV効果は落ちないといわれていますが、何のために使用期限が設定されているのでしょうか?

多くの日焼け止めには、品質を守るために防腐剤や殺菌剤が使用されています。使用期限とは、これらの薬剤が持続できる目安を元に設定されています。使用期限が過ぎたところで、紫外線をカットする効果が無くなるわけではありませんが、日焼け止め自体が酸化や劣化を起こし、肌トラブルを起こしやすくなるのです。

ニキビや肌荒れ、シミなどの肌トラブルを避けるためにも、使用期限は必ず守るようにしましょう。

日焼け止めの効果を長持ちさせる保管方法

人差し指をたてる女性

購入した日焼け止めが余ってしまった場合、来シーズンも使いたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

日焼け止めは上手く保管することで、効果を損なわず、安全に利用することができます。日焼け止めを長持ちさせる保管方法には以下のポイントがあります。

直射日光を避ける

日光に強いと思われがちな日焼け止めですが、他の化粧品同様、保管時は直射日光を避けましょう。直射日光にさらされ続けると酸化や分離を起こします。車内での日焼け防止に利用する時も、車の中に置きっぱなしにするのは止めましょう。

常温で保存する

化粧水や美容液の鮮度を保つために、冷蔵庫で保管することがありますが、日焼け止めの場合は常温での保管が基本です。多くの日焼け止めには油分が含まれるため、冷蔵庫で冷やすと油分が固まり分離する恐れがあります。

湿度に注意する

日焼け止めを洗面所や脱衣所など湿度の高いところに保管していませんか?湿度が高いと酸化や劣化の原因となりますので、いくら使用期限内であっても注意が必要です。

容器の口をキレイに保つ

日焼け止めを取り出した際、容器の口に液がついたまま閉じてしまっていませんか?溢れた日焼け止めがキャップの中で固まると、しっかり閉じることができなくなり、酸化してしまいます。また、手の汚れが容器の口についてしまう危険もあるので、使う度に容器の口を拭き、清潔な状態をキープしましょう。

シミやシワの原因となる紫外線からお肌を守るためには、毎日の日焼け止めは欠かせません。日焼け止めの種類は多く、どれにしようか迷うこともあるでしょう。そんな時はぜひNoSunを参考にしてください。

LULUA(ルルア)やランコム、無印良品、DHC、ALLIEなど、様々な日焼け止めの口コミをチェックすることができます。ランキングはこちら

紫外線カットも美肌ケアもできる日焼け止めをチェックするならNoSunへ

美容の大敵である紫外線カットに日焼け止めは欠かせません。日焼け止めの品質を守りながら保管するには、日光・湿度を避け、常温で清潔さを保つとよいでしょう。

様々なメーカーの日焼け止めをご紹介しているNoSunでは、日焼け止めに関する様々な情報がチェックできます。商品ごとの口コミや基礎知識など、お役立ち情報を発信しておりますので、日焼け止め選びにお悩みの方はぜひ参考になさってください。

日焼け止めの期限と長持ちさせるための保管方法が知りたい方は

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/