日焼け止めは界面活性剤フリー!下地を選ぶなら知っておきたい界面活性剤の合成と天然

界面活性剤には合成のものと天然のものがあり、その全てが問題というわけではありません。天然由来の界面活性剤は自然界に多く存在し、昔から人々の生活をサポートしています。一方、合成界面活性剤も色々な商品に幅広く利用されていますが、成分によっては肌への影響が大きく懸念されています。

こちらでは、日焼け止め比較サイトNoSunが、界面活性剤の合成と天然の違いをご紹介いたします。下地にもなる顔用の優しい日焼け止めをお求めの方は、ぜひ参考にしてください。

界面活性剤の合成と天然の違い

界面活性剤を持つ女性

界面活性剤には、合成のものと天然のものがあり、それぞれの特徴を活かして多くの製品に活用されています。

天然の界面活性剤とは

自然界の中にもともと存在するもので、細胞膜を構成するリン脂質や、動植物に多く含まれるサポニン・レシチン・ペプチドなどがあります。その中でも最も身近なものといえばレシチンで、大豆や卵黄に存在し、マヨネーズやチョコレート、アイスクリーム、調整粉乳などに利用されています。

合成の界面活性剤とは

科学的に合成された合成界面活性剤は、人の手で改良が加えられているため、目的に対する効果が非常に高い特徴があります。その原料によって石油系、アミノ酸系、脂肪酸エステル系などに分けられます。

近年、肌に優しいシャンプーなどを選ぶ方に避けられる「ラウリル硫酸Na」は、石油系の合成界面活性剤です。石油系の界面活性剤は高い洗浄力があり、安く大量生産ができることから色々な製品に活用されています。しかし、人体への影響を問題視する声もあります。

界面活性剤はその特徴から化粧品に利用されることも多いです。ファンデーションや口紅、クレンジング、洗顔も界面活性剤を含む化粧品の一つです。手持ちの化粧品をチェックしてみると、多くの製品に使われていることが分かります。

界面活性剤が入っていても、使用方法を守っていればすぐに肌が荒れてしまうということはありません。ただし、毎日繰り返し利用することで肌バリアが低下し、肌荒れや老化の原因となってしまいます。

美しい肌のためには化粧品や日焼け止めは欠かせませんが、肌バリアを守るためにも界面活性剤フリーのものを選ぶことをおすすめします。

日焼け止めについてのよくあるQ&A

Q&Aの文字

こちらでは、日焼け止めについてのよくある疑問にお答えします。

SPFとPAとは何を表していますか?

A.SPFはUVB(紫外線B波)をカットする力を表します。

紫外線B波は短時間で肌に赤みや炎症をおこさせ、黒化やシミ・そばかすの原因になると言われています。PAは肌の奥に届くと言われているUVA(紫外線A波)をカットします。これはシミやシワ、たるみの原因になると言われています。+が多いほどカットする力が強くなります。

日焼け止めはいつ塗るのがよいですか?

A.朝のスキンケア後、メイクをする前に塗ってください。LULUA(ルルア)は化粧下地としても使うことができます

日焼け止めの持続時間はどのくらいですか?

A.シチュエーションにもよりますが、一般的に2時間~3時間と言われています。

LULUA(ルルア)は顔以外にも使えますか?

A.日中美容乳液として、からだにもご利用いただけます。首や肩、腕、脚はもちろん、お肌に優しい日焼け止めなので、敏感肌の方にも安心してご利用いただけます。

日焼け止めの口コミをチェックするならNoSunをお役立てください。

化粧下地にもなる日焼け止めはLULUA(ルルア)がおすすめ!NoSunで口コミチェック

界面活性剤はたいへん便利なものですが、肌への影響が懸念されます。潤い肌をキープし、エイジングケアを考えるなら、界面活性剤フリーの化粧品や日焼け止めの利用がおすすめです。日焼け止め比較サイトのNoSunでは、多くの日焼け止めの口コミを紹介しています。

特におすすめのLULUA(ルルア)は、界面活性剤フリーで下地としても利用できる優れものです。LULUA(ルルア)について詳しく知りたいという方は、ぜひNoSunをご覧ください。

界面活性剤不使用の日焼け止めLULUA(ルルア)に関しましては

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/