日焼け止めは耐水性と持続時間をチェック!効果的な使い方とは?

白い肌をキープしたい、肌にシミやシワをつくりたくない、日焼けをしたくないなら、紫外線カットができる日焼け止めを使いましょう。ただし、適当に塗っていたり、塗り直しをしていなかったりする場合は、日焼け止めの効果を活かすことはできません。

こちらでは、日焼け止め比較サイトのNoSunが、日焼け止めの効果的な使い方についてご紹介いたします。耐水性もあり、長時間持続する日焼け止めをお求めの方は、ぜひ参考になさってください。

日焼け止めの効果的な使い方

UとVの文字

紫外線対策として日焼け止めを塗っていても、いつの間にか焼けてしまうことはありませんか?そんな時は、日焼け止めを効果的に使えていない可能性があります。

日焼け止めは、必要な時にただ塗るだけでは、お肌にとって万全とはいえません。

こちらでは、日焼け止めの効果的な使い方をご紹介いたしますので、効率よく紫外線からお肌を守るためにも参考にしてください。

夏場や晴れの日だけではなく、できるだけ毎日利用しましょう!

日焼けをするのは、気温の高い夏場だけではありません。日焼けの原因である紫外線のピークは5~7月と言われ、気温が一番高い8月よりも危険とされています。また、曇りの日や雨の日にも日焼けはします。晴れの日の紫外線量を100%とすると、曇りの日で70%、雨の日でも30%です。天気を問わず、日焼け止めは毎日塗るのがおすすめです。

さらに、冬にスキー場へ行く場合も日焼け止めは必須です。気温が低くても降り注いだ紫外線は容赦なく雪の地面を跳ね返り、お肌を直撃します。曇っているし大丈夫と油断していると、顔だけが真っ黒に焼けていた…なんてことも珍しくありません。紫外線は上からだけでなく、下からも浴びることがあるので、日焼け止めは季節を問わず毎日利用するようにしましょう。

日焼け止めの順番は、基礎化粧品の後で!

毎朝メイクをする際、日焼け止めを塗る順番を間違ってはいませんか?

基本的に、洗顔→基礎化粧品→日焼け止め→ファンデーションの流れです。化粧の持ちをよくする日焼け止めを選べば、メイクがよれることもなく、キレイが持続します。

2~3時間置きに塗り直すこと

「日焼け止めは朝塗るだけ」という方は、2~3時間置きに塗り直すことをおすすめします。時間が経つとメイクがよれるように、日焼け止めもどんどんムラが発生します。特に海やスポーツなど、屋外でアクティブに過ごす場合は、こまめに塗り直すようにしましょう。耐水性の高いものを選ぶと屋外でも安心です。

使用期限は長くても、開封済みのものはワンシーズンで使い切ろう

使用期限が過ぎていなくても、開封済みのものはワンシーズンで使い切ることをおすすめします。古くなった日焼け止めは酸化することもあるため、使い切れないという方は小さめの容器に入ったものを選ぶようにしましょう。

様々な日焼け止めを紹介しているNoSunは、化粧の持ちがよく耐水性にも優れた日焼け止めも掲載しています。持続時間の長さで選びたいという方も、ぜひNoSunをご参考ください。

日焼け止めは耐水性の高いものを!長時間効果の持続する日焼け止め選びはNoSun!

の平に電球マーク

日焼け止めはできるだけ耐水性を重視したものを選ぶようにしましょう。耐水性が低いと、日常的にかく汗のレベルでも、すぐに落ちてしまう心配があります。

いくら塗ったばかりでも、落ちてしまえば効果は無くなってしまいますので、効果を持続させるためにも耐水性は必ずチェックしてください。

日焼け止め比較サイトのNoSunでは、様々な日焼け止めの口コミ情報をご紹介しています。日焼け止めの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

耐水性抜群の日焼け止めを選ぶなら

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/