敏感肌や顔にも使える日焼け止めの選び方!美容液入りのUVジェルがおすすめ

日焼け止めは、身体だけではなく顔にも使用するため、UVカットはもちろん、優しさも求められます。特に敏感肌の方やお子様用となると、より刺激の少ない安全なものが必要となります。

こちらでは、日焼け止めの基礎となるSPFとPAの意味と、敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際のポイントについてご紹介いたします。美容液入りの日焼け止めジェルをお探しの方も、ぜひご参考ください。

日焼け止めの基礎知識!SPFとPAとは?

SPF50とPAと書かれた袋

日焼け止めを選ぶ際、必ず目にするのが「SPF」と「PA」です。この2つは日焼け止めのUVカット効果を示しています。

SPFとは

紫外線にはUVAとUVBがあり、SPFは短時間で肌を炎症させるUVBを防ぐ効果指数のことです。SPFは「SPF50+」というように、数字と一緒に表記されています。この数字は1~50まであり、日焼け止めを塗らない状態と比べてUVBによる炎症をどの程度長く防止できるかを示しています。数字が大きいほど、UVBに対する防御効果が高いことになるのです。

PAとは

紫外線UVAは、照射量が多く肌の奥深く真皮層にまで届くと考えられています。PAはこのUVAを防ぐ効果指数であり、「PA+++」というように表記され、+が多いほど効果が高くなります。UVAは肌のハリや弾力を減少させるだけでなく、メラニン色素を合成しシミの原因ともなるので、美しい肌の大敵となります。

ただし、日焼け止めは「SPFとPA」の数値が高いものを選べば安心というわけではありません。数値が高いものは、使い勝手が悪かったり成分が強すぎて肌に合わなかったりということもあります。

海やプールなどの屋外活動用と日常生活用では必要になる数値は異なります。どのシーンで利用するかを考えて選ぶようにしましょう。

敏感肌用の日焼け止めを選ぶポイント

OINTの文字と電球マーク

日焼けからお肌を守るためには、UVカット効果の高いものが良いというイメージがありますが、刺激が強過ぎると逆にお肌を傷めてしまいかねません。

敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際に気を付けたいポイントをご紹介いたします。

顔用とからだ用をチェック

日焼け止めには、顔用とからだ用があります。顔はからだよりも皮膚が薄くデリケートなため、からだ用よりも優しく作られています。また、スキンケア効果をプラスした美容液入りのものや、化粧下地として使えるもの、皮脂腺を塞がないものなど、種類も豊富です。

からだ用は、顔用よりもUVカット効果が高いものが多く、その分刺激が高めです。敏感肌の場合は、顔用とからだ用をしっかりと使い分けましょう。

日焼け止めの落ちやすさ

落ちにくい日焼け止めは塗り直しの回数は少なくすみますが、逆にメイクオフする時に簡単に落ちず肌に残りやすくなります。日焼け止めが肌に残ったまま蓄積されると、ニキビや肌荒れ、シミの原因となります。特に敏感肌の方は、肌への負担を考えてできるだけ簡単にオフできるタイプのものを選ぶことをおすすめします。

成分に注目

敏感肌の場合、日焼け止めの成分もチェックし、紫外線吸収剤・界面活性剤フリーやノンケミカルのものを選ぶようにしましょう。1日中塗り続けることも多い日焼け止めなので、必ずチェックしてください

界面活性剤フリーで肌に優しい日焼け止めをお探しなら、日焼け止め徹底比較サイトNoSunをご参考ください。NoSunでは様々な日焼け止めをご紹介していますが、なかでもUVカットとエイジングケアが同時にできる日焼け止めLULUA(ルルア)がおすすめです。化粧下地としても使えます。

顔にも使える美容液入りのUVカットジェルはNoSunでチェック!

敏感肌の方も安心して利用できる日焼け止めを選ぶには、SPFとPAのバランス、肌に優しい成分でできているか、簡単にオフできるかなどをチェックする必要があります。より安心して利用するために、パッチテストを行うのもよいでしょう。

日焼け止め徹底比較サイトNoSunでは、肌に優しい成分と美容液配合のUVカットジェルLULUA(ルルア)の口コミを紹介しています。敏感肌にもおすすめの日焼け止めをお求めの方は、ぜひご参考ください。

顔や敏感肌にも安心して使える日焼け止めをお求めなら

サイト名 NoSun
URL https://nosun.jp/